きょうの動意株

不二電機は増額業績を見直し割安株買いが再燃し急反発

6654 不二電機工業 株価チャート

 不二電機工業(6654・東2)は、15円高の675円と変わらずを挟み3営業日ぶりに急反発している。同社は、8月21日に2008年7月中間期・1月通期業績の上方修正を発表、さらに9月11日にその上方修正した中間期決算と通期業績を開示したものの限定的は反応にとどまっていたが、増益転換業績を改めて見直し上場来安値630円水準での割安株買いが再燃している。同社の中間期業績は、前期比6%増収、9%経常増益、9%純益増益と上方修正通りに期初の減益予想が増益転換した。制御用開閉器では、主力のカムスイッチが、配電自動化子局の遠方制御器用に伸び、鉄道車両用切替スイッチも続伸、接続機器では、電力向けにサージアブソーバ端子や配線脱落防止端子台などが好調に推移、接続機器の減価率改善や経費節減も加わり増益転換した。1月通期業績も8月の上方修正値を据え置き、純利益は3億3300万円(前期比6%増)と増益転換を予想している。株価は、8月の増額時も8月20日につけた上場来安値630円からの小動きにとどまったが、PERは13倍台、PBRは0.4倍、配当利回りは3.2%と割安となる。底上げ継続が期待される。

記事中の会社を詳しく見る

不二電機 (6654)

ページトップ