きょうの動意株

サイゼリアは今期増益転換も利益確定売り交錯しもみ合う

7581 サイゼリヤ 株価チャート

 サイゼリア(7581)は、19円安と反落して始まったあと、11円高の1291円と引き戻すなどもみ合いを続けている。前日7日に8月期決算を発表、前期は今年4月の下方修正値を上ぶれ減益率を縮小して着地、今期は増益転換を予想したが、決算発表先取りで前日に急反発したこともあり利益確定売りが交錯している。同社の前期業績は、前々期比2%増収、5%経常減益、9%純益減益となった。ガソリン価格や生活必需品の相次ぐ値上げで生活防衛意識が高まり、外食産業の経営環境は、人件費の高止まりも加わり厳しく推移したが、店舗政策では新規出店28店、退店21店の差し引き7店舗の純増となりメニュー絞り込みのマネジメント力の強化、差別化メニューの投入、自社農場の活用などを推進したことが原材料やエネルギー価格の上昇をカバーして上ぶれ着地につながった。今期も、前期同様の厳しさは続くとしているが、業績は増収増益を予想している。通期純利益は、42億円(前期比4%増)と増益転換を見込んでいる。株価は、3月の801円安値から4月の前期業績減額で悪材料出尽くしとなりリバウンド、ここにきてはファーストリテイリング、しまむらなどの「低価格」関連銘柄の一角として上値を伸ばした。売り方の買い戻しや内需関連株人気で下値固めから逆行高展開も想定される。

記事中の会社を詳しく見る

サイゼリヤ (7581)

ページトップ