きょうの動意株

大同特鋼は安値から3連騰、2Q業績増額で低位値ごろ割安株買い

5471 大同特殊鋼 株価チャート

 大同特殊鋼(5471)は、27円高の335円と3営業日続伸し、10月16日につけた昨年来安値289円からの底離れを窺っている。前日20日に今3月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表、低位値ごろの割安株買いを増幅している。同社の2Q業績は、売り上げを期初予想より126億円、経常利益を25億円、純利益を10億円それぞれ引き上げ、経常利益は135億円(前年同期比15%減)と減益率を縮小し、純利益は60億円(前期比66%増)と増益転換幅を拡大する。売り上げ数量、販売価格の改善が期初予想を上回ったことが業績を押し上げた。純利益は、前期業績が株式売却益により法人税が発生して減益となり、この一巡から増益転換する。3月通期業績は、2Q決算開示時に公表するとしている。株価は、今期業績の減益予想や第1四半期業績の減益着地にもかかわらず500円台をキープする頑強な値動きを続けてきたが、全般相場急落とともに下げ足を速めた。PER7倍台、PBR0.6倍の下げ過ぎ訂正が続こう。

記事中の会社を詳しく見る

大同特鋼 (5471)

ページトップ