きょうの動意株

ミクシィは早期・2回目の2Q業績増額をテコに4連騰

2121 ミクシィ 株価チャート

 ミクシィ(2121・M)は、1万9000円高の72万8000円と4営業日続伸し、10月8日につけた上場来安値42万8000円からのリバウンド急となっている。第1四半期(1Q)決算発表時の今年8月に続き、早くも今3月期第2四半期(2Q)累計業績の2回目の上方修正を発表、前回増額時の株価急伸を連想して買い増勢となっている。同社の2Q業績は、売り上げが8月増額値より2億円、経常利益が3億円、純利益が1億円それぞれアップされ、純利益は10億円(前年同期比1%増)と増益転換する。1Qに続いて2Qもインターネットメディア事業の「mixiモバイル」の広告やユーザー属性により配信可能なバナー広告の販売が好調に推移して売り上げが上ぶれ、利益は増収効果や新サービス開始に伴うコストが想定より抑制され再増額につながった。3月通期業績は、景況感の悪化で広告市場、人材市場の先行きは不透明として期初予想を据え置いた。株価は、前回増額時に92万1000円まで25万円高した。新興市場の主力株人気もフォローし再現が有力となる。

記事中の会社を詳しく見る

ミクシィ (2121)

ページトップ