きょうの動意株

アドバンテは2Q赤字拡大もSOX9%高をテコに4連騰

6857 アドバンテスト 株価チャート

 アドバンテスト(6857)は、98円高の1455円まで買い進まれて4日続伸している。前日30日に発表した今3月期第2四半期(2Q)累計決算が、第1四半期決算開示時の7月予想を下ぶれて赤字幅を悪化させて着地したが、前日のフィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)が、235.06ポイントと9%超の上昇となったことを手掛かり材料に下げ過ぎ訂正が続いている。同じく前日の同社ADR(預託証券)が、東京市場の終値対比で20円安(円換算値)と小幅安にとどまって引けたことも支援材料視されている。同社の2Q業績は、前年同期比54%減収と大きく落ち込み、税引前純利益は48億8500万円の赤字(前年同期は273億6000万円の黒字)、純利益は29億4300万円の赤字(同169億3000万円の黒字)と悪化した。半導体・部品テストシステム事業で、半導体メーカーの設備投資の大幅抑制や凍結の影響で受注が61%減となり、メカトロニクス関連事業でも64%減、サービス他部門でも19%減と受注が落ちたことが響いた。3月通期業績は、期初、7月と同様に半導体関連の設備投資計画の変更が日常的に行われる事業環境下では数値予想は困難として開示していない。株価は、10月28日につけた上場来安値996円から下げ過ぎ訂正、売り方の買い戻し主導で急反発しており、引き続き強弱感の対立激化が見込まれる。

記事中の会社を詳しく見る

アドテスト (6857)

ページトップ