きょうの動意株

日産自は減益拡大の業績下方修正に減配重なり売り気配

7201 日産自動車 株価チャート

 日産自動車(7201)は、寄り付きから売り気配値を切り下げ20円安の473円売り気配と続急落している。前週末31日に今3月期第2四半期(2Q)累計決算とともに、3月通期業績の下方修正と中間期配当の減配、期末配当の未定を発表、とくに減配は好配当利回り株として下値をサポートをしてきただけに失望感を高め売り増勢となっている。同社の3月期業績は、売り上げが期初予想より7500億円、経常利益が2850億円、純利益が1800億円それぞれ引き下げられ、純利益は1600億円(前期比66%減)と減益率を悪化させる。北米を中心とする世界的な急激な減速による販売環境の悪化、北米金融事業で発生した引当金、新興国通貨に対する円高の為替影響などが、大幅下方修正要因となった。配当は、2Q期末を11円(前年同期実績20円)に引き下げ、年間配当は期初に42円(前期実績40円)と予想していたのを未定とし不透明化する。株価は、米国販売の急減や国内自動車減産報道が響いて昨年来安値400円まで大きく調整したが、PBRが1倍台を下回り、43円配当前提では配当利回りが10%を上回るとして底値買いを誘い、150円幅の急反発を演じた。底値模索が継続しよう。

記事中の会社を詳しく見る

日産自 (7201)

ページトップ