きょうの動意株

日清オイリオは急続落、今度は通期業績増額も利益確定売り

2602 日清オイリオグループ 株価チャート

 日清オイリオグループ(2602)は、28円安の462円と急続落している。同社株は、10月24日に今3月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表、株価は安値から100円幅の急伸となり、通期業績は2Q決算発表時に公表するとしていた。前日6日にその2Q決算を発表するとともに、今度は通期業績を上方修正したが、全般相場急落で利益確定売りが先行し、前回増額時と同様のディフェンシブ株人気再現には至っていない。同社の3月通期業績は、売り上げを期初予想より80億円引き下げたが、経常利益は10億円、純利益は3億円各引き上げ、純利益は38億円(前期比2.0倍)とV字回復する。2Q業績が、高付加価値製品の拡販やコスト増に見合った販売価格の継続的な改定、海外子会社の事業収益改善などにより大幅増益着地しており、下期もコスト圧縮と適正な販売価格形成努力を続けることから上方修正した。株価は、今期第1四半期業績の大幅増益・高進捗着地で650円高値まで140円高し、その後の調整安値404円からは2Q業績増額で510円高値まで100円高した。ディフェンシブ株人気再燃で下値からの逆行高展開も想定される。

記事中の会社を詳しく見る

日清オイリ (2602)

ページトップ