きょうの動意株

アクセルは東証2部上場承認を好感し反発

6730 アクセル 株価チャート

 アクセル(6730・JQ)は、2500円高の26万8000円と4営業日ぶりに反発している。前日10日に東京証券取引所から11月17日付けで東証2部上場を承認され、上場に際して新株式発行を伴わないことなどが好感され、割安株買いが再燃している。同社は、業績も前期業績を期末にきて2回も上方修正、今期業績も連続過去最高更新を予想するなど順調に推移している。パチンコ機の新基準機の入れ替え需要が、引き続き順調に推移、描画表示用半導体製品で新製品への移行が進み、新製品比率が40%程度から50%程度に高まっていることなども寄与している。10月27日発表の今期第2四半期累計決算も、期初予想を上ぶれ、前年同期比53%増収、41%経常増益、42%純益増益で着地、3月通期純利益は37億2000万円(前期比2%増)と前期に続く過去最高更新を見込んでいる。ジャスダック証券取引所と東証2部に重複上場する全国区人気の高まりでPER9倍台の割安修正に弾みをつけよう。

記事中の会社を詳しく見る

アクセル (6730)

ページトップ