きょうの動意株

日テレは急反発、大幅減益業績発表も再度の悪材料出尽くし感

9404 日本テレビホールディングス 株価チャート

 日本テレビ放送網(9404)は、280円高の9510円と4日ぶりに急反発している。前日13日に今3月期第2四半期(2Q)累計決算を発表、10月30日の再下方修正通りに大幅増益・赤字転落して着地したが、10月の業績修正時は悪材料出尽くしとして反発したことを連想し売り方の買い戻しも交錯し買い先行となっている。同社の2Q業績は、7月、10月と下方修正が続き、修正通りに前年同期比0.3%減収、74%経常減益と落ち込み、純利益は12億2000万円の赤字(前年同期は43億3300万円の黒字)と悪化した。企業の景況感が急速に冷え込んでいることが要因で、純利益は繰延税金資産を見直し一部取り崩すことが響き赤字転落する。3月通期業績も10月再減額値に変更はなく、純利益は38億円(前期比64%減)と連続大幅減益を見込んでいる。株価は、7月減額時は減配も伴い急落したが、10月の再減額時は織り込み済みとして1万円大台を回復する下値抵抗力を発揮した。株不足の続く信用好需給と綱引きしつつ底上げを探ろう。

記事中の会社を詳しく見る

日テレHD (9404)

ページトップ