きょうの動意株

マトモトキヨシは好決算発表も材料出尽くし感強まり続急落

3088 マツモトキヨシホールディングス 株価チャート

 マトモトキヨシホールディングス(3088)は、131円安の1771円と続急落している。前週末14日に発表した今3月期第2四半期(2Q)累計決算が、11月10日の上方修正通りに着地、3月通期業績は期初予想を据え置き、連続して過去最高純益を更新するが、材料出尽くし感から利益確定売りが継続している。同社の2Q業績は、持株会社化前の前年同期に対して1%増収、5%経常増益、42%純益増益となった。新規出店23店舗(25店舗閉鎖)、改装48店舗の店舗政策や鼻炎薬・風邪関連商品の拡販、生活習慣病関連の漢方薬、生活改善薬などの展開強化などが、改正薬事法対応の人件費増をカバーして上ぶれ着地した。3月通期業績は期初予想を据え置き、純利益は78億円(前期比14%増)と連続して過去最高更新を見込んでいる。株価は、上場来安値1574円から日本調剤との業務提携、2Q業績増額をテコに2125円まで反発、高値もみ合いとなっている。利益確定売りを吸収しつつディフェンシブ株人気を高め、下値からPER12倍台の割安修正展開も想定される。

記事中の会社を詳しく見る

マツキヨH (3088)

ページトップ