きょうの動意株

SONYFHは2Q上ぶれ着地も好材料出尽くしで続落

8729 ソニーフィナンシャルホールディングス 株価チャート

 ソニーフィナンシャルホールディングス(8729)は、2000円高の29万3500円と続落している。前日17日に今3月期第2四半期(2Q)累計決算を発表、10月29日の決算速報通りに期初予想を上ぶれ減益率を縮小して着地したが、好材料出尽くしから売り先行となっている。同社の2Q業績は、前年同期比3%増収、18%経常減益、27%純益減益となった。経常収益は、生命保険事業、損害保険事業、銀行業とも保有契約高、保険料収入、貸出金利息などの資金運用収益が堅調に推移して増収となり、利益は世界的な金融資本市場の混乱に伴う有価証券価格の下落、資産運用費用の増加、銀行業のシステム関連費用の負担増などが重なり減益となった。3月通期業績は期初予想に変更はなく、純利益は210億円(前期比13%減)と見込んでいる。株価は、親会社のソニーの業績下方修正の影響で上場来安値20万5200円まで8万円幅の急落となり、29日の2Q決算速報で30万円台回復となったが、下げ過ぎ訂正高が一巡し、二番底を窺う動きとなってきたようだ。

記事中の会社を詳しく見る

ソニーFH (8729)

ページトップ