きょうの動意株

アヲハタは2ケタ減益予想も生活防衛関連株評価で小幅続伸

2830 アヲハタ 株価チャート

 アヲハタ(2830・東2)は、10円高の1420円と小幅続伸している。前日10日に発表した2008年10月期業績は、期初予想を上ぶれて過去最高純益を更新、今期は一転して2ケタ減益と予想したが、生活防衛関連株との評価が続きディフェンシブ株人気を高めている。同社の前期業績は、節約志向による外食離れ、内食回帰傾向からジャム、パスタが伸長し、想定を上回る原資材価格の高騰も全社を挙げた原価低減努力、販売拡大などでカバーして続伸し、純利益は5億5500万円(前々期比13%増)と3期ぶりに過去最高を更新した。今期は、消費者の節約志向がさらに強まり、原油・穀物価格の急落によって製品の値上げが一転するなど変化が激しく、製品値上げが受け入れられないなど慎重に見通し、業績も減益転換、純利益は4億8000万円(前期比13%減)と見込んでいる。株価は、前期業績の上方修正や期末の記念増配などを好感したディフェンシブ株評価から1500円台での安定的な推移を続けてきた。強弱感の対立するなかで一段の戻りを試そう。

記事中の会社を詳しく見る

アヲハタ (2830)

ページトップ