きょうの動意株

石井表記はストップ高、3Q大幅増収益業績を評価し割安株買い

6336 石井表記 株価チャート

 石井表記(6336・東2)は、寄り付きから買い気配値を切り上げ200円高の1432円とストップ高まで買い上げられて急続伸している。前週末12日に今1月期第3四半期(3Q)決算を発表、大幅増収増益と伸び、1月通期業績も9月の上方修正通りに前期の過去最高純益を大幅更新することを見直し、割安修正買いが増勢となっている。同社の3Q業績は、前年同期比44%増収、61%経常増益、54%純益増益となった。電子機器部品製造装置は、プリント基板製造装置の販売が減少したが、太陽電池ウェーハ製造設備の販売が大幅に増加、液晶、PDPパネル製造プロセスに使用されるインクジェットコーターの販売が本格化、太陽電池ウェーハも、原材料供給不足が緩和して増産、薄型化への対応を進めるとともに生産性改善にも注力、ディスプレイ、電子部品セグメントで工作機械、産業機械向けスイッチパネルが、設備投資減速の影響を若干受けたことをカバーして大幅増収益となった。1月通期業績は9月の上方修正値を据え置き、純利益は18億8300万円(前期比57%増)と連続して過去最高を更新する。株価は、好業績評価に太陽電池ウェーハ製造工場の新工場の操業開始による環境関連人気が加わり、3420円まで2000円高してほぼ往って来いとなった。PER6倍台の割安修正に再発進しよう。

記事中の会社を詳しく見る

石井表記 (6336)

ページトップ