きょうの動意株

クミアイ化は今期純益が2ケタ増益転換も反応薄く小動き

4996 クミアイ化学工業 株価チャート

 クミアイ化学工業(4996)は、10円安の257円で寄り付き3日続落となったあと、前日比変わらずまで戻すなど小動きを続けている。前日17日に10月期決算を発表、前期は12月1日の業績修正通りに経常利益は2ケタ増益転換、純利益は2ケタ減益転換で着地、今期は純利益を2ケタ増益転換と予想したが、反応は限定的で食料関連の値ごろ妙味買いは不発となっている。同社の前期業績は、前々期比1%増収、12%経常増益、35%純益減益となった。穀物価格の高騰で海外の農薬需要が増加、北米、中南米、東南アジア、欧州で自社開発品の販売が拡大、国内でも水稲用除草剤「トップガン剤」、「テラガード剤」の販売に注力したことが経常2ケタ増益につながったが、純利益は静岡県清水市の産業廃棄物処分場跡地の汚染除去費用3億2100万円を特別損失に計上し2ケタ減益となった。今期は、水稲用の種子消毒剤、除草剤などを重点に販売推進、経常利益は8億円(前期比8%減)と減益転換するが、純利益は特別損失一巡で3億5000万円(前期比15%増)と2ケタ増益となる。株価は、1日の純益下方修正でやや下ぶれ、信用売り残も膨らみ株不足と需給好転となっている。売り方の買い戻し主導で値ごろ妙味買いが再燃する展開も想定される。

記事中の会社を詳しく見る

クミアイ化 (4996)

ページトップ