きょうの動意株

日化薬は減益転換の業績下方修正が響き急続落

4272 日本化薬 株価チャート

 日本化薬(4272)は、寄り付きの売り気配から43円安の422円まで売られ急続落している。前週末19日に今5月期第2四半期(2Q)累計業績・通期業績の下方修正を発表、期初の増益転換予想が減益と落ち込むことが響き売り増勢となっている。業績修正のうち5月通期業績は、売り上げを期初予想より50億円、経常利益を40億円、純利益を20億円それぞれ引き下げ、純利益は50億円(前期比24%減)と減益転換する。機能化学品事業、セイフティシステムズ事業の業績見通しが期初予想を下回り、2Q純利益に20億2800万円の関係会社評価損を計上したことも響いている。株価は、前期業績の下方修正、減益着地から、今期業績の増益転換予想で700円台回復となったが、前期業績の下方修正要因となった子会社のポラテクノ(4239・JQ)が、再び業績を下方修正したことを嫌い年初来安値345円まで半値以下の急落となり、下落幅の3分1戻し水準にいる。下値探りが続こう。

記事中の会社を詳しく見る

日化薬 (4272)

ページトップ