きょうの動意株

CSPは3連騰、連続最高純益を再評価し割安修正買い

9740 CSP 株価チャート

 CSP(セントラル警備保障、9740)は、3円高の848円と3日続伸している。前日25日に今2月期第3四半期(3Q)決算を発表、ほぼ期初予想通りに推移し、通期純利益が連続の過去最高更新となることを再評価し割安株買いが増勢となっている。同社の3Q業績は、前年同期比4%増収、3%経常減益、14%純益増益で着地した。機械警備部門では、マンション・セキュリティ「ハイセクト・シリーズ」が堅調に推移、運輸部門でも、機械警備付リサイクル型入出金機「アスコス」や売り上げの立替払いを行う「CSPダイレト」などの導入を進めたことが寄与しており、経常利益は、セキュリティ事業の各部門で来期から開始する大型警備に備えて人員の強化と教育の徹底を図ったことがやや利益を押し下げた。通期業績は期初予想に変更はなく、純利益は10億9000万円(前期比10%増)と連続して過去最高を更新する。株価は、今期第2四半期累計業績が期初予想より上ぶれて着地したことをテコに年初来安値651円から出直っているが、投資採算はまだPER11倍台、PBRは1倍ソコソコと割り負けている。リバウンド拡大余地を広げよう。

記事中の会社を詳しく見る

CSP (9740)

ページトップ