きょうの動意株

WNIウェザーは2Q好決算も利益確定売りで急続落

4825 ウェザーニューズ 株価チャート

 ウェザーニューズ(4825)は、寄り付きに19円高の1496円と反発したものの、その後は売り優勢となり、77円安の1400円と急続落している。前週末26日に発表した今5月期第2四半期(2Q)累計業績が、9月の上方修正値を上ぶれて着地したが、通期業績は今度も期初予想を据え置きとしたことが響き利益確定売りが先行している。同社の2Q業績は、前年同期比0.2%増収、18%経常増益、2.1倍純益増益となった。売り上げは、放送局向けシステムインテグレーションなどの注文受注型サービスを戦略的に減少させ、海外売り上げに為替の影響があったことで小幅な伸びにとどまったが、海運会社向け航空気象、道路気象、「ゲリラ雷雨メール」など新価値創造型サービスが伸び、観測装置などの研究開発費用の下半期ズレ込みなども加わり、利益は上ぶれ着地した。5月通期業績は、9月の業績増額時と同様に期初予想を据え置き、純利益は10億円(前期比14%増)と連続の過去最高更新を予想している。株価は、9月の2Q業績増額で材料出尽くし感から933円まで500円安し売り方の買い戻しで急落幅を埋めた。投資採算は市場平均並みにとどまっており、信用需給中心の売り方、買い方の攻防から強弱感の対立が続こう。

記事中の会社を詳しく見る

WNIウェ (4825)

ページトップ