きょうの動意株

ダイセキソリュは3Q好決算に期末増配オンし5連騰

1712 ダイセキ環境ソリューション 株価チャート

 ダイセキ環境ソリューション(1712)は、1万6600円高の21万7000円と5日続伸している。前日8日に今2月期第3四半期(3Q)決算を発表、2ケタ増収増益で着地し通期予想業績に対して高進捗するとともに、期末配当を増配することが加わり環境関連株人気が膨らんでいる。同社の3Q業績は、前年同期比21%増収、26%経常増益、28%純益増益と伸び、利益の通期業績対比の進捗率は80-82%と目安の75%をオーバーした。環境汚染問題に対する関連法の強化や環境会計の導入など環境意識の高まる情勢下、同社の土壌汚染調査・処理事業が、東名阪の3拠点を中心に堅調に推移、燃料費などの諸費用の上昇を原価低減などで補い好決算につながった。2月通期業績は期初予想に変更はなく、純利益は6億4300万円(前期比21%増)と連続過去最高更新を見込んでいる。期末配当は、期初予想の1000円を前期の東証1部指定替え記念配当200円込み並みの1200円に増配する。株価は、今年2月の東証1部指定替え時に実施した新株式発行(発行価格29万1000円)が響き、上場来安値10万2500円まで調整、ようやく10万円幅のリバウンドをしたところである。環境関連の有力株としてなお戻りを試す展開が期待される。

記事中の会社を詳しく見る

ダイセキ環 (1712)

ページトップ