きょうの動意株

中北製は通期経常利益の上方修正で下げ過ぎ訂正の急伸

6496 中北製作所 株価チャート

 中北製作所(6496・大2)は、寄り付きの買い気配から43円高の495円まで買い上げられて急伸し、昨年12月につけた昨年来安値420円からのリバウンド幅を拡大している。前日13日に期初予想を上ぶれた今5月期第2四半期(2Q)累計決算とともに、5月通期業績の上方修正を発表、下げ過ぎ訂正買いが再燃している。同社の5月期業績は、売り上げを期初予想より10億円、経常利益を4億5000万円それぞれ引き上げるとともに、純利益は6500万円引き下げ、経常利益は27億円(前期比11%増)、純利益は12億3500万円(同2%減)とした。2Q業績が、数年先まで豊富な受注残を抱える造船業界向けへの積極的な受注活動を展開、陸上部門でのガスタービン用バルブや原子力発電プラント関連の受注に注力したことから期初予想を上ぶれて増収増益で着地、下期の経済予想を勘案して上方修正した。なお純利益は、2Qに株式市場の急落を受けて投資有価証券評価損5億3300万円を計上し下ぶれ・減益着地となった。株価は、昨年10月に発表した今期第1四半期の増収増益業績をテコに530円高値まで80円高して往って来いとなっていた。再度、PER7倍台、PBR0.5倍の修正高が有力となる。

記事中の会社を詳しく見る

中北製 (6496)

ページトップ