きょうの動意株

リーバイスは安値水準から急伸、一転して業績を上方修正

9836 リーバイ・ストラウス ジャパン 株価チャート

 リーバイ・ストラウス ジャパン(9836・JQ)は、2日ぶりに商いが成立し前日気配値に対して20円高の430円と急伸している。同社株は、前日22日後場取引時間中に2008年9月期期末配当の20円(前期実績25円)への減配を開示して、気配値で昨年12月25日につけた昨年来安値406円を覗いたが、大引け後にその11月期業績の修正を発表、今度は昨年10月の下方修正とは異なり上方修正となり、減益率を大幅に縮小したことが下げ過ぎ訂正買いを呼んでいる。同社の11月期業績は、売り上げを10月減額値より3億2000万円、経常利益を4億3900万円、純利益を2億4200万円それぞれ引き上げ、純利益は7億600万円(前期比1%減)とほぼ前期並みレベルまで回復する。第4四半期に行った旗艦商品「501ジーンズ」の大規模キャンペーン効果により、高価格帯商品の売り上げが伸びて売上構成比もアップ、売上総利益が増加したほか、継続的は販管費の削減、円高による外貨建債務への為替評価益発生も加わり上方修正につながった。株価は、昨年7月の第2四半期累計業績の上方修正で700円まで80円高したものの、10月の業績減額で大きく調整した。昨年7月並みの上ぶれも想定できそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

リーバイス (9836)

ページトップ