きょうの動意株

ホクトは決算発表先取りでディフェンシブ人気再燃期待し続伸

1379 ホクト 株価チャート

 ホクト(1379)は、30円高の2465円と続伸している。2月4日発表予定の今3月期第3四半期(3Q)決算の動向を巡り売り方と買い方の攻防が激化しており、決算発表のたびごとの株価上放れが連想され買い優勢となっている。同社の株価は、第1四半期の黒字転換着地、第2四半期(2Q)業績の上方修正、月次売り上げの計画比上ぶれなどに反応して下値を切り上げ、2Q業績上方修正の昨年10月から2860円高値まで900円高、現在はこの上昇幅の半値押し水準でのもみ合いを続けている。この間、今3月期業績は、2Q業績を上方修正したものの、通期業績は、下期の国内景気減速、個人消費落ち込みを勘案して期初予想を据え置いたことから強弱感が対立、信用売り残・買い残とも積み上がり株不足となる好需給が現出している。強弱拮抗のポイントとなるのは3Q業績の動向となるが、ハイテク株に下方修正が続出するなか、少なくとも同社株は、月次売り上げの順調推移から期初予想のクリアはほぼ確実視される。3Q決算発表とともに、ディフェンシブ株人気再燃の逆行高発進が想定されるもので、下値マークに妙味がありそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

ホクト (1379)

ページトップ