きょうの動意株

住金物産が3日続落、増益見通しが一転減益で処分売りが先行

 住金物産(9938)が主力の大阪市場で3円安の221円と3日続落。昨年10月の安値145円から業績堅調を手がかりに下値を切り上げ、1月29日には249円までボトムから100円強上げていた。しかし、30日(金)に09年3月期を減額したことで、一転して下げに転じてきた。従来、営業利益は230億円(08年3月期227億2100万円)と小幅ながら増益で、1株利益も67.0円の見通し。PERが2倍台と低いことから個人投資家の見直し買いとなっていた。今回の減額で営業利益は175億円と減益へ、1株利益も37.2円に低下し6倍程度になった。チャート的には前週、26週線まで戻したものの抜くことができなかったことも処分売りにつながっている。処分売りが一巡するまでしばらくは下値調べが続くことになるだろう。

ページトップ