きょうの動意株

前日上場来安値のトミヤアパレルは急反発、公取委問題は織り込む

 前日下げていたトミヤアパレル(8067・大2)は、3円高の46円と反発している。一時13円高の56円まで買い進まれている。公正取引委員会が24日、京王百貨店、阪急阪神百貨店、同社の3社に対し、衣料品表示違反があるとして排除命令をした。両百貨店にワイシャツを納入していたのが同社ということで、前日、42円の上場来安値をつけた。「形態安定加工」型と違った内容だった。まもなく発表の08年12月期は増収、営業増益の見通し。年7円50銭配当継続の見通しで、利回りは13%台にもなる。今度の件は、単純な指示ミスが原因で一過性と受け止められている。

ページトップ