きょうの動意株

トップ人事のソニーは100円の変動、投資家心理揺れ動く

6758 ソニー 株価チャート

 再建へ権限集中のソニー(6758)は、23円高の1691円と続伸。寄り付きは59円安の1609円で始まり、その後40円高の1708円まで買われた。安値と高値の差は99円、しかもこの間の時間は僅か30分弱。こうした動きを見ても、最近の同社株に対する人気面の揺らぎが感じられる。中鉢社長は副会長に退き、ストリンガー会長が社長を兼任する。27日(金)には安値1491円をつけるなど、「世界のソニーにとっては屈辱的な株価」(中堅証券)まで落ちている。今回の人事で日産自動車と同じように外国人経営者に再建を委ねることになるが、「日産自動車の再建も必ずしも順調とはいえない。果たして同社も順調に再建できるかどうかは不透明」(同)。

記事中の会社を詳しく見る

ソニー (6758)

ページトップ