きょうの動意株

王将フードは業績上方修正と期末配当増配が相乗し高値肉薄

9936 王将フードサービス 株価チャート

 王将フードサービス(9936・大1)は、4円高の1563円と小幅続伸となっている。前日11日に今3月期業績の上方修正と期末配当の増配を発表、生活防衛関連の割安株買いが入り、26円高の1585円で寄り付き、1月26日につけた昨年来高値1600円に肉薄する場面も見られている。同社の3月期業績は、売り上げが期初予想より17億3100万円、経常利益が6億6200万円、純利益が3億3300万円それぞれ引き上げられ、純利益は32億3300万円(前期比19%増)と連続過去最高更新の更新幅を拡大する。「餃子の王様」を主体とする単独業績が、厳しい外食産業のなかで個店ごとの顧客ニーズへの迅速な対応や調理・接客の質的向上などにより好調に推移、この展開が各種メディアに取り上げられたことも押し上げ効果を発揮し上方修正につながった。期末配当は、配当性向を30%を目標とする配当政策から業績上方修正につれて、期初予想の18円を23円に引き上げ、年間40円(前期実績35円)に増配する。株価は、今期業績が期初予想を上ぶれるペースで推移していることから生活防衛関連株の有力な一角として下値を切り上げてきた。なおPER7倍台の割安修正で上値を伸ばそう。

記事中の会社を詳しく見る

王将フード (9936)

ページトップ