きょうの動意株

メガネトップは急続伸、株式分割取りに9年ぶり最高純益オン

 メガネトップ(7541)は、87円高の1200円と急続伸している。前週末13日に発表した株式分割を歓迎して権利取りが優勢となっており、合せて期中に2回も上方修正され9年ぶりに過去最高純利益を更新する今期の好業績や増配も見直し買いを誘発している。株式分割は、株式の流動性の向上と株主還元を目的に3月31日を基準日に1株を1.3株に分割する。同社は、昨年11月に今3月期業績の上方修正するとともに、第2四半期期末配当を普通配当6円に記念配当20円に引き上げ、年間配当を32円(前期実績12円)に増配しており、これに続く株主還元策になる。今期業績はこの業績増額に次ぎ、さらに今年2月に再上方修正し純利益は24億円(前期比2.7倍)と増益率を伸ばし9年ぶりに過去最高を更新する。オールインワンショップ「眼鏡市場」の新規出店、業態転換などの店舗網拡充にテレビCMによる認知度の高まりなどが要因となった。株価は、昨年11月の業績増額、増配で1000円台を回復、その後の下ぶれ安値から今年2月の業績再増額で1214円まで300円高した。株式分割権利取りとPER10倍台、配当利回り2.8%の好実態株買いが相乗し高値抜けから一段高を目指そう。

ページトップ