きょうの動意株

三井ハイテクは赤字幅拡大の今期業績を嫌い小幅続落

6966 三井ハイテック 株価チャート

 三井ハイテック(6966)は、2円安の578円と小幅続落している。前日17日に1月期決算を発表、前期は今年2月の再々下方修正通りに赤字転落して着地し、今期はさらに赤字幅が拡大すると予想したことを嫌い見切り売りが増勢となっている。同社の前期業績は、売り上げが前々期比19%減と落ち込み、経常利益は26億4100万円の赤字(前々期は32億6600万円の黒字)、純利益は41億9500万円の赤字(同16億9500万円の黒字)と悪化した。前期後半から主需要先の半導体市場、家電市場、自動車市場で需要が大幅に減少するとともにドル安・円高が進行、ICリードフレーム事業、IC組立事業が営業損失となり、投資有価証券評価損、海外生産拠点再編に伴う固定資産減損損失、繰延税金資産の取り崩しも重なり大幅赤字転落した。今期も、現在の大幅な需要低迷が継続するとして2ケタ減収を見込み、経常利益は49億円の赤字、純利益は49億円の赤字とさらに悪化を予想した。株価は、前期業績の再三の下方修正で上場来安値411円まで急落、売り方の買い戻しとハイブリッドカー関連のモーターコア関連思惑で623円まで大きく反発した。下値再確認が続こう。

記事中の会社を詳しく見る

三井ハイ (6966)

ページトップ