きょうの動意株

大崎電気工業は4日ぶり反落、安値から2.2倍で騰勢一服の動き

6644 大崎電気工業 株価チャート

 電力量計大手の大崎電気工業(6644)は、7円安の732円と4日ぶりに反落、一時12円安の727円まで売られている。昨年10月の340円を安値にほぼ一貫して下値切り上げ相場で、24日(火)には753円と昨年来の高値。この間の上昇率は2.2倍。「関西電力の通信機能付き新型メーターへの拡大という材料がある。太陽電池工場向け配電盤も期待できる」(中堅証券)。内需関連のテーマ性は十分。しかも、09年3月期の営業利益は50億2000万円(08年3月期38億8500万円)と29.2%の2ケタ増益で業績も良い。今期予想1株利益34.7円でPERは21倍台。四季報では10年3月期の予想1株利益は64円となっており、3月期決算発表で会社側から正式見通しが出れば4ケタ相場の可能性もある。

記事中の会社を詳しく見る

大崎電 (6644)

ページトップ