きょうの動意株

後発医薬の日医工が続伸、中期で5000円相場の声も

4541 日医工 株価チャート

 後発薬品の日医工(4541・大)が、50円高の2825円と続伸し出直っている。国立病院を中心に後発薬品の使用比率を数量ベースで現在の14%程度を30%へ拡大するとの報道が伝えられた。今年1月に3260円と上場来高値をつけたあと調整に入っていたが、格好の再見直し材料となった。主力事業はジェネリック医薬品だが、独自開発の新薬、拮抗性鎮痛剤「セダペイン」も手がけ、全国10万9000軒の医療機関で採用されている。業績は絶好調。08年11月期の13.0%営業増益に続いて、09年11月期も35.2%増益の見通し。予想1株利益126.2円で配当は5円増配の年30円の見通し。医療費抑制の国策に沿うだけに、中期投資なら5000円も期待できるだろう。

記事中の会社を詳しく見る

日医工 (4541)

ページトップ