きょうの動意株

映画興行の武蔵野興業は90年以降の最安値、業績停滞と無配響く

9635 武蔵野興業 株価チャート

 映画興行老舗の武蔵野興業(9635・東2)が、2円安の168円と1990年以降の最安値。09年3月期は会社予想(2月10日)では営業利益0.5%減の2億円見通しだが、四季報では1億8000万円(08年3月期2億100万円)の見通し。短期間比較では業績堅調に見えるが、2004年当時に比べると売上は半分、営業利益も当時の10億円台から大きく減少している。配当は長期無配。新宿での映画興行は堅調だが、甲府が苦戦。フィットネスも会員が伸び悩み。会社設立が1920年で社歴は約90年。「老舗企業にありがちな業績停滞を打破する思い切った材料が出ない限り株価の見直しは難しい」(中堅証券)。

記事中の会社を詳しく見る

武蔵野興 (9635)

ページトップ