きょうの動意株

神東塗料が公共投資拡大期待で一時年初来高値を更新

4615 神東塗料 株価チャート

 神東塗料(4615・大1)が、7円安の120円と反落。一時11円高の138円と続伸し前日31日の年初来高値127円を更新。特に、新しい材料は見当たらない。公共投資の前倒し見通しから建設関連の塗料に期待があるようようだ。また、自動車用にも強く、自動車業界が底入れから増産に転じれば業績への効果も大きいと期待されている。09年3月期は営業利益31.8%の減益見通しだが、赤字ということではない。配当も年5円を継続。それに、住友化学が1位の株主ということで経営的に安心感もある。もともと、大阪市場での人気銘柄で出遅れ感から短期狙いの資金に目がとまったようだ。2月の安値82円から約7割高。次は2倍水準の160円台がフシだろう。

記事中の会社を詳しく見る

神東塗 (4615)

ページトップ