きょうの動意株

カッパクリエは2ケタ増益業績に連続増配オンして急反発

7421 カッパ・クリエイト 株価チャート

 カッパ・クリエイト(7421)は、41円高の1563円と7営業日ぶりに急反発し、3月10日につけた昨年来安値1312円から出直る動きを強めている。前日6日に2月期決算を発表、前期は昨年10月の再上方修正値をやや上ぶれて着地し、今期も2ケタ増益と続伸し、連続の増配を予想したことを歓迎し下げ過ぎ訂正買いが増勢となっている。同社の前期業績は、決算期変更で9カ月の変則決算となったが、経常利益は昨年7月、10月と相次いで上方修正された予想値を上回り52億5200万円と伸び、純利益はやや下回り18億500万円となったが、期末配当は35円(前々期実績20円)に増配された。個人消費冷え込み、価格競争の激化などの厳しい経営環境下で、41店舗(退店17店舗)を新規出店するとともに、引き続き既存店舗の改装を進めてタッチパネル、高速供給レーンの導入、「平日終日90円」キャンペーンを試験展開したことなどが要因となった。今期は、全店舗の店舗改装を目指し、価格競争に勝ち残るために「終日90円」導入店舗を拡大して続伸、純利益は25億円(前期比38%増)を予想している。配当は、前期に35円(前々期実績20円)に引き上げたが、さらに40円に連続増配する。株価は、昨年10月の前期業績再増額で2385円の戻り高値をつけたが、年明けとともにディフェンシブ株売り・主力株買いの相場基調転換で売り先行、1000円幅超の大幅調整となった。PER11倍台の下げ過ぎ訂正をフォローしよう。

記事中の会社を詳しく見る

カッパクリ (7421)

ページトップ