きょうの動意株

「春は東海道新幹線に乗って」、JR東海が東証1部値上幅で1位

9022 東海旅客鉄道 株価チャート

 東海旅客鉄道(9022)が、1万7000円高の57万6000円高と続伸している。東証1部の値上がり幅では1位。特に、新しい材料が出たわけではない。新年度入りでビジネスマンの動きが活発となり、春の到来で観光客の増加も見込めるなどが見直されているようだ。山梨リニア実験線を42.8キロメートルへ延伸、名古屋駅新ビル計画、農業への参入に向けた取り組み、さらに地球環境問題による高速鉄道への関心の高まりから海外に対するコンサルティング強化などもある。特に、山梨リニア実験線では4月3日から車両上部の断面を円形状から角型に変更し営業線に近い仕様の車両として試験走行を始めている。「JR各社の中では材料が豊富。内需関連見直しなら、去る3月30日の60マン1000円を抜いて70万円に評価されてよい」(中堅証券)。

記事中の会社を詳しく見る

JR東海 (9022)

ページトップ