きょうの動意株

ホギメディは2期ぶり最高純益更新を評価して反発

3593 ホギメディカル 株価チャート

 ホギメディカル(3593)は、200円高の5110円と3日ぶりに反発し、1月15日につけた年初来安値4640円から出直る動きを強めている。前日13日に3月期決算を発表、前期純利益が、今年1月の下方修正値を下回り2ケタ減益転換して着地したが、今期純利益を2期ぶりの過去最高純利益更新と予想したことを評価し割安株買いが増勢となっている。同社の前期業績は、前々期比6%増収、4%経常増益、11%純益減益となった。「オペラマスター」を中心に手術用品類の医療用キットが13%増と伸び、生産量増で操業度も向上したが、法人税法改正で製造装置の耐用年数を見直して減価償却費が増加、投資有価証券評価損16億2000万円を計上したことなどが重なり、純利益は下ぶれ・減益着地した。今期業績は、「オペラマスター戦略」に加え、新ガウン投入も含めた「サーレム戦略」も積極化することから増収増益を予想、純利益も、52億1000万円(前期比45%増)と大幅増益転換し2期ぶりに過去最高を更新する。株価は、今年1月の前期業績減額で悪材料出尽くしとして5770円まで1000円超高したが、ディフェンシブ株売り・主力ハイテク株買いの相場基調転換とともに、利益確定売りが先行しほぼ往って来いとなった。再度、PER14倍台の下げ過ぎ訂正に弾みをつけよう。

記事中の会社を詳しく見る

ホギメディ (3593)

ページトップ