きょうの動意株

ダイセキは2ケタ連続減益予想を失望売りして反落

9793 ダイセキ 株価チャート

 ダイセキ(9793)は、40円安の1603円と反落している。同社株は、今年3月31日に昨年10月に上方修正した前2009年2月期業績を一転して下方修正し、1467円まで200円幅の急落となり、同修正とともに業況底打ちも示唆したことから急落幅をほぼ埋めていたが、前日14日にその2月期決算を発表して今期業績をさらに2ケタ減益と予想したことに失望し利益確定売りが先行している。同社の前期業績は下方修正通りに前々期比5%増収、6%経常減益、20%純益減益となり、純利益は前々期の過去最高からの減益率を悪化させた。産業廃棄物部門で、昨年12月以降に国内製造業の減産拡大から工場稼働率が低下して産業廃棄物処理受託量が急速に減少、受注単価も下落し、子会社の手掛ける再生鉛事業で鉛の市場価格が急落したことなどが要因となった。今期業績は、商品市況が昨年末に底打ち・反転の兆しを示し、産業廃棄物受託量も今年1-2月に底確認となったが、外部環境の回復ペースは緩やかと想定して減収減益を予想、純利益は31億円(前期比22%減)とさらに落ち込む。株価は、1467円安値から売り方の買い戻しも交錯して、ほぼ急落前の水準まで戻していた。安値を再度、試そう。

記事中の会社を詳しく見る

ダイセキ (9793)

ページトップ