きょうの動意株

スギHDは増益転換・最高純益更新業績を手掛かりに反発

7649 スギホールディングス 株価チャート

 スギホールディングス(7649)は、18円高の1826円と反発している。前日14日に発表した前2009年2月期決算で、純利益が2ケタ減益で着地したが、昨年10月の下方修正値は上ぶれ、今期は増益転換・2期ぶりの過去最高更新を予想したことを手掛かりに下げ過ぎ訂正買いが再燃している。同社の前期業績は、前々期比9%増収、12%経常増益、21%純益減益となった。実体経済の急減速、雇用環境の悪化で個人消費が縮小する状況下、合計66店舗を新規出店(退店14店舗)する積極的な店舗展開を続け売り上げ、経常利益は過去最高を更新したが、純利益はたな卸資産の評価方法変更に伴う商品評価損9億3000万円、飯塚薬品子会社化によりのれん・固定資産減損処理12億1100万円の特別損失が重なり減益転換した。今期は薬剤師の積極採用や薬剤師教育をさらに強化し増収増益を予想、純利益は特別損失一巡で70億円(前期比30%増)と2期ぶりに過去最高を更新する。株価は、昨年10月の業績減額でつけた1847円から2625円までいったんはリバウンドしたものの、その後も純利益が大幅減益で推移し、相場全般もディフェンシブ株売り・景気敏感株買いと基調転換したことが響き上場来安値1607円まで売られた。最安値から200円幅の反発をしているが、なおPERは16倍と割り負けており、一段の底上げ展開が想定される。

記事中の会社を詳しく見る

スギHLD (7649)

ページトップ