きょうの動意株

日本農産工業が続伸、10年3月期の40%営業増益予想を見直す

 日本農産工業(2051)が、続伸し17円高の233円と買われ3月26日につけた年初来高値240円へ接近の動き。特に材料はない。四季報で10年3月期の営業利益が21億円(09年3月期予想15億円)と40%増益が見込まれることから低位の好業績銘柄物色の流れに乗っている。ただ、今年4~6月の畜産配合飼料価格を平均でトン当たり約3150円値下げする。一方で原料の米国のトウモロコシ価格は落ち着いているのはプラス。ただ、今後、米国でエタノールガソリン混合率を10%から12~13%への拡大論議もあり、今年も原料面には目が離せない。今年1月待つに26週線を抜いて、買い転換しているなどチャートは良く300円も見込めそうな動き。

ページトップ