きょうの動意株

ワイエイシイは反落、一転して業績を増額し減益率を縮小も様子見

6298 ワイエイシイホールディングス 株価チャート

 ワイエイシイ(6298)は、18円安の388円と3営業日ぶりに反落している。前日20日に前2009年3月期業績を一転して上方修正、減益率を縮小するが全般地合の悪化から反応薄で様子見気分が強まっている。同社の3月期業績は、昨年8月の第1四半期決算開示以来、決算発表のたびごとに下方修正され減益率を悪化させてきた。その今年2月の再々減額値を今回、一転して上方修正したもので、売り上げは据え置きとしたが、経常利益は3000万円、純利益は2億5000万円それぞれ引き上げ、純利益は4億2000万円(前々期比72%減)とした。単独業績で開発費を資産計上して一般管理費が減少したことに加え、連結業績では為替の状況を加味、さらに純利益では海外子会社の配当金課税が撤廃されとことから繰延税金負債を2億3000万円取り崩ししたことが上方修正要因となった。株価は、相次ぐ業績下方修正に期末配当の減配が重なり389円安値まで大幅調整、下げ過ぎ顕著として400円台を回復した。PERは8倍台、PBRは0.3倍となお割り負けており、380円割れ水準での下値固めからリバウンド幅拡大に進もう。

記事中の会社を詳しく見る

YACHD (6298)

ページトップ