きょうの動意株

東洋水産は年初来安値に接近、「内食」人気離散で処分売り継続

2875 東洋水産 株価チャート

 東洋水産(2875)は、23円安の1987円と5日続落、26円安の1984円まで下げて年初来の安値1974円(3月24日)へ接近。3月安値の後、戻したものの戻りが鈍かったこことで見切り売りとなっているようだ。最近は同業の日清食品HDの株価も下げるなど、今年年初に「内食人気」で買われた反動も出ている。「輸出関連銘柄の動きが良いため内需関連からの乗り換えの動きが続いている。食品は総じて業績は堅調なので、輸出関連銘柄の動きが止まれば見直されるだろう」(中堅証券)。信用買い残はこの押し目場面で増える方向にあり、今後、年初買い分と合わさってダブルで上値圧迫となる可能性もある。底値のめどが津くには年初から6ヶ月経過の夏場頃になりそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

東洋水 (2875)

ページトップ