きょうの動意株

ロームは高値更新、3回目の業績修正は上方修正で黒字転換

6963 ローム 株価チャート

 ローム(6963)は、主力の大阪市場で440円高の6250円と続伸し、4月20日につけた年初来高値5890円を更新している。前日23日に5月11日予定の3月期決算発表に先立って前2009年3月期業績の3回目の修正を行い、前2回と異なる上方修正となり黒字転換することを手掛かりに、売り方の買い戻しを交え買い増勢となっている。同社の前期業績は、昨年11月、今年2月と下方修正が続いたが、その2月減額値を再々修正した。売り上げを15億円、経常利益を131億円、純利益を211億円それぞれ引き上げ、純利益は前回の115億円の赤字予想が、96億円(前々期比69%減)と黒字転換し、減益率の縮小にとどめる。為替レートが、2月想定時より若干円安で推移するほかコストダウンを強力推進、さらに法人税法改正で海外子会社の配当金益金不算入制度導入に対応して過年度計上した繰延税金負債の一部を取り崩し、税金費用が約500億円減少することが純利益を大幅に押し上げる。株価は業績減額のたびに下ぶれ、今年2月の再減額でも4070円まで800円幅の急落となったが、円安転換で悪材料織り込み済み・下げ過ぎ訂正として売り方の買い戻しを誘い倍返しとなる急伸を演じた。売り方の買い戻しと利益確定売りが交錯するなかで一段の戻りを窺おう。

記事中の会社を詳しく見る

ローム (6963)

ページトップ