きょうの動意株

シャープが27円安と続落、売り方の買戻し一巡感

6753 シャープ 株価チャート

 シャープ(6753)が続落し、27円安の1064円まで下げている。前週1105円まで戻したものの伸び切なかったことで目先筋の処分売りが出た。去る、4月24日につけた高値1146円に対し二番天井をつけた形となった。「自動車株に代わって市場の主役に据えようとした動きだったが、太陽電池の材料も最近はやや騒ぎすぎの感があり、食傷気味」(中堅証券)。信用の売り残もひと頃に比べると減少し、空売りの買戻しも一巡した感がある。このため、売り方の買戻しに頼った相場は終わり、これからは買い方の力による相場展開が中心となるが、そのためには期中、10年3月期の増額修正などの支援材料が必要。そう言った材料が出るには、もうしばらく時間が必要。このため、30日線の950円前後まで調整することも予想される。

記事中の会社を詳しく見る

シャープ (6753)

ページトップ