きょうの動意株

ダイワボウは小反落、新型ウイルス国内初の患者も響かず

3107 ダイワボウホールディングス 株価チャート

 ダイワボウ(3107)が、一時4円安の308円と小反落した。国内で初めてとなる新型ウイルス患者が出たことで、マーケットでは株価急伸を期待していたが見込み違いの動きとなった。「日本の場合、水際での防衛がうまく行っているため、1人の患者は出たが拡大は防ぐことができている。新型ウイルスの材料はこれで終わりとは思えないが、驚くような患者数の増加でもない限り同社株の大相場もないだろう」(中堅証券)。チャート的には昨年12月の514円が一番天井だが、これに対し5月の449円を二番天井と見るにはやや物足りない。このため、どこかで、もう一度、反発する場面はありそうだ。300円を割る場面があれば拾っておきたい。

記事中の会社を詳しく見る

ダイワボウ (3107)

ページトップ