きょうの動意株

日清オイリオは3日続落、V字続伸業績も利益確定売り先行

2602 日清オイリオグループ 株価チャート

 日清オイリオグループ(2602)は、10円安の493円と3日続落し、5月26日につけた年初来高値523円から利益確定売り先行となっている。今3月期純利益が、前期に続き大きく増益率を伸ばすことを見直し下げ過ぎ訂正買いが継続、国内証券が目標株価を引き上げたことで好材料出尽くし520円処の上値フシ到達となったことから、目先目標達成感が出ている。同社の今期業績は、売り上げ3190億円(前期比5%減)、経常利益110億円(同36%増)、純利益51億円(同66%増)と予想されている。大豆、菜種などの原材料価格高騰の影響で前々期業績が大きく落ち込んだものの、前期はこの販売価格への転嫁で上方修正されて増益転換着地し、今期は業務用・加工用が苦戦し売り上げは減収を見込んでいる。ただ利益は、原材料価格の落ち着きや家庭用での高付加価値製品の販売拡大などから連続増益を予想、とくに純利益は、前期の大豆蛋白製造装置の減損処理損失が一巡して増益率を伸ばす。株価は、ことし5月の好決算発表で窓を開けて急伸、100円幅超の底上げとなった。PERは16倍台、PBR0.8倍となお割り負け、信用取組も株不足と好需給ではあるが、460円処の下値、25日移動平均線で下げ止まるか見極めるところだろう。

記事中の会社を詳しく見る

日清オイリ (2602)

ページトップ