きょうの動意株

ザッパラスは連続最高益・増配でモバイル関連人気高め続伸

3770 ザッパラス 株価チャート

 ザッパラス(3770)は、5600円高の22万7000円と続伸している。前日8日に4月期決算を発表、前期、今期と連続して過去最高純利益を更新、配当も連続増配を予想したことを好感してモバイル関連の割安株買いを膨らませている。同社の前期業績は、昨年12月の上方修正値を上ぶれて前々期比20%増収、43%経常増益、53%純益増益と伸び連続して過去最高を更新した。デジタルコンテンツ事業で、「占い」カテゴリーを中心に携帯電話向け公式コンテンツが340サイト、PC向けが173サイトに拡大、会員数が225万人になり、コマース関連事業でも公式ショップが22サイト、携帯電話ショップが3店舗となり営業利益が黒字転換したことなどが要因となった。配当は今年2月の東証1部指定替えの記念配当500円を上乗せして4000円(前々期実績3200万円)に増配した。今期業績も、「占い」以外のデジタルコンテンツのサービス拡充やコマース関連事業の集客力の向上を図って増収増益、純利益は18億2000万円(前期比15%増)と連続最高更新を予想している。配当は4200円に連続増配を予定している。株価は、ネット関連人気に1部指定替え人気がオンしてつけた27万3500円高値から、1部上場とともに実施した株式売り出し(売り出し価格25万1940円)がボディブローとなって20万800円まで売り込まれ、モバイルコンテンツ領域の拡大に向け日活株式を取得したことを評価して調整幅の3分の1押し水準までリバウンドした。PER16倍台の下げ過ぎ訂正が続こう。

記事中の会社を詳しく見る

ザッパラス (3770)

ページトップ