きょうの動意株

ダイワボウがモミ合う、新型インフルエンザ警戒引き上げ見通し

3107 ダイワボウホールディングス 株価チャート

 新型インフルエンザ関連のダイワボウ(3107)は、5円安の285円と反落。5円高の295円で寄り付き297円まであり前日の30円高に続いて買われた後、下げに転じモミ合いとなっている。WHO(世界保健機関)が、まもなく新型インフルエンザの世界警戒レベルを最高の「6」に引き上げる方向にあることが材料。冬を迎えている、南半球のオーストラリアで患者が急増している。「日本も今年の冬、インフルエンザのシーズンになれば患者の増加が避けられないのではないか。その時にウイルスが強烈になっていなければよいのだが。今から冬場に備えて関連銘柄を買っておくことも早すぎることはないだろう」(中堅証券)。同社はウイルス防御に効果の高いマスクを手がけている。昨年は夏場の200円前後から年末に514円へ急騰した経緯がある。

記事中の会社を詳しく見る

ダイワボウ (3107)

ページトップ