きょうの動意株

ウインテストはストップ安気配、通期業績を一転して下方修正

6721 ウインテスト 株価チャート

 ウインテスト(6721・M)は、4000円安の3万1000円ストップ安売り気配と急反落している。前日11日に今7月期第3四半期(3Q)決算の開示とともに、7月通期業績の一転した下方修正を発表、黒字転換予想が赤字転落することを嫌い利益確定売りが先行している。同社株は、今年2月に今期第2四半期(2Q)業績を上方修正して上場来安値1万4000円から前日ザラ場の3万6000円まで2.5倍の大化けを演じていた。同社の今期通期業績は、売り上げを期初予想より4億2800万円、経常利益を2600万円、純利益を8100万円それぞれ引き下げ、経常利益は1400万円の赤字(前期は3億5000万円の赤字)、純利益は7000万円の赤字(同5億4600万円の赤字)と赤字転落する。CCD/CMOSイメージセンサー検査装置分野は新規受注が相次ぎ順調に推移したものの、アナログミックスドシグナルIC、ディスプレイ検査分野で研究開発や設備投資の抑制、競争激化による製品価格の下落、投資先送りなどが重なって売り上げが減少、投資有価証券評価損を計上することも業績を押し下げる。株価は、上場来安値から2.5倍化したが、1株純資産3万930円を意識しながら下値を再確認しよう。

記事中の会社を詳しく見る

ウインテス (6721)

ページトップ