きょうの動意株

プラネットは株式分割を追撃材料にストップ高で高値更新

2391 プラネット 株価チャート

 プラネット(2391・JQ)は、2営業日ぶりに商いが成立し、4万円高の25万5000円ストップ高で寄付き、5月13日につけた年初来高値22万5000円を更新している。前日15日に発表した株式分割が、今年4月にサービスを開始した改正薬事法関連の医薬品説明文書データベースに続く追撃材料として歓迎されて買い先行となっている。株式分割は、同社の発行済み株式数が1万6582株と少なく流動性が不足しており、株式数の増加により流動性を高めることを目的としており、合せて単元株式数を100株とする単元株制度を採用し、投資単位当たりの金額を現在の4分の1に引き下げ、投資家層の拡大を図る。株式分割比率は、7月31日を割り当て日に1株を400株に分割する。株価は、今7月期第2四半期業績の下方修正でつけた年初来安値15万5000円から改正医薬品関連の新サービス開始で22万5000円まで7万円高し、21万円台出没の中段もみ合いを続けてきた。やや値付きに難はあるが、PER14倍台の割安修正も意識されよう。

記事中の会社を詳しく見る

プラネット (2391)

ページトップ