きょうの動意株

キューブシスは2期ぶり最高純益更新を買い直し高値頑強

2335 キューブシステム 株価チャート

 キューブシステム(2335・東2)は、前日と変わらずの1280円としっかり。今3月期純利益の増益転換予想、2期ぶりの過去最高更新を見直し内需関連の割安株買いが下支えし高値圏で頑強に推移している。6月25日に同じシステムソリューション事業を展開する八洲電機(3153・東2)が、東証2部に新規上場されることも側面支援材料視されている。同社の今期業績は、売り上げ85億円(前期比4%増)、経常利益6億8500万円(同6%増)、純利益3億5000万円(同2%増)と予想されている。プロフェショナル・サービス事業ではメガバンク・証券取引所向け基盤構築サービスが縮小するものの、システム・インテグレーション事業では生保、生協、卸売市場、オフィス用品総合メーカー向けの案件が拡大、純利益は前期計上の保有株式評価損が一巡して増益転換し、2期ぶりに過去最高を更新する。株価は、今年2月、3月とつけた1050円安値をダブルボトムに、今期純利益の増益転換予想を好感し6月19日に年初来高値1303円と300円幅の底上げとなった。なおPER9倍台、PBR0.8倍の割安修正が期待される。

記事中の会社を詳しく見る

キューブS (2335)

ページトップ