きょうの動意株

オイレス工は4日ぶり反落、1400円の壁抜けず見切り売り

6282 オイレス工業 株価チャート

 オイレス工業(6282)は、103円安の1288円と4日ぶりに反落している。10時15分現在では、東証1部、値下がり率5位となっている。制震・免震装置の大手で、今後、公共投資の増加と共に需要の拡大が期待され、最近の株価は堅調で推移。ただ、この日の下げは、「上値のフシを抜けなかったことがある」。上値のフシとは1400円台にある壁。08年12月11日の1428円、今年5月12日の1415円、同25日の1425円、さらに6月22日の1395円が、いずれも上値の壁。挑戦するものの、この壁で押し返されている。主力の自動車用ベアリングの落ち込みで10年3月期の営業利益が20億円と半減する。このことが上値フシ抜けを難しくしているようだ。一方、ハイブリット車向けのベアリングは上向きの動きが出ている。今後、「ハイブリット関連と免震関連」の2つの時流に乗るテーマで、株価を引っ張ることができるかどうかが見所。

記事中の会社を詳しく見る

オイレス工 (6282)

ページトップ