きょうの動意株

六甲バターは2Q業績増額を追撃材料に買い気配

2266 六甲バター 株価チャート

 六甲バター(2266・大2)は、45円高の455円買い気配と変わらずを含めて3営業日続伸し、6月25日につけた年初来高値414円を更新している。前週末26日に発表した今12月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を追撃材料に割安株買いが増勢となっている。同社の2Q業績は、期初予想より売り上げを7億円、経常利益を9億2000万円、純利益を5億3000万円それぞれ引き上げ、純利益は9億円(前年同期比78%増)と増益率を拡大する。家庭用チーズ製品の売り上げが、前期に2回実施した値上げや容量変更の効果も続き順調に推移し、為替が予想より円高となり経費削減も上乗せとなり上方修正につながった。12月通期業績は、8月の2Q決算開示時に公表するとしているが、2Q純利益が、通期期初予想10億円(前期比39%減)に対して90%の高進捗率となっているだけに、前期と同様に再上方修正も観測される。株価は、今年2月に発表した前期業績が、期中の2回の上方修正値を上ぶれて大幅増益で着地し、5月開示の今期第1四半期決算が大幅増益・高進捗率となったことを好感し年初来安値310円から100円高した。なおPER8倍台、PBR0.9倍の割安修正に北浜2部株の急伸特性を発揮しよう。

記事中の会社を詳しく見る

六甲バター (2266)

ページトップ